フィンジアとリアップ(ミノキシジル)を比較してあなたにピッタリは?

フィンジアとリアップ(ミノキシジル)を比較してあなたにピッタリは?

リアップのメリットとデメリットを紹介

CMでおなじみのリアップは、日本で唯一発毛効果が認められている育毛剤です。

米国版のロゲインも同じですね。リアップよりロゲインの方が発売は早いです。ミノキシジル5%も同じなので、リアップの説明=ロゲインの説明として読んでください。

リアップ&ロゲインとも、発毛については強力な効果をもっているようですが、メリットとデメリットは何なのか?簡単にまとめてみました!

リアップの4つのメリット

 

メリット1:国内臨床試験で実証された発毛効果

発毛効果が認められている育毛剤は、日本ではリアップしかありません。育毛効果の実績がある育毛剤は、他にもたくさんありますが、なぜリアップだけなのでしょうか?

その答えは、日本国内の臨床試験で発毛効果が実証されているから。

長期間にわたり試験を実施し、医師と協力して得られた臨床試験データは、非常に高い信憑性を持っています。この臨床試験データがあるからこそ、リアップは日本で唯一発毛効果が認められているのです。

リアップの大正製薬が行った臨床試験データは、ネット上で公開されているので誰でも閲覧可能。そのデータを見てみましょう。

リアップを1年間使用し続けることで、98%の人に薄毛の改善効果が見られました。これは医師による評価なので、リアップの発毛効果は間違いありません。かなり高い効果が出ていると思います。


出典元:http://www.taisho.co.jp/riup/riupx5/data/

他の育毛剤も臨床試験をすれば良いのですが、膨大な時間と費用がかかってしまうため、中小メーカーでは実施するのが難しいです。

臨床試験さえすれば効果を実証できる育毛剤はありそうですが、今のところ発毛効果が認められているのはリアップだけということになっています。

他の育毛剤はリアップとくらべるとデータ不足。リアップにはしっかりしたデータがあるので、効果への安心感が一番高い育毛剤ではないでしょうか。

メリット2:日本皮膚科学会が推奨する成分配合

2010年に日本皮膚科学会から、「男性型脱毛症診療ガイドライン」が発行されました。このガイドラインには、AGA(男性型脱毛症)治療の有効性について、専門家たちの調査結果が載っています。

このガイドラインによると、リアップに含まれるミノキシジルの評価はAランク。AGA治療薬として、最高評価を得ています。

出典元:https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/1372913421_2.pdf

大正製薬の臨床試験だけではなく、海外も含めた数多くのデータが、ミノキシジルの発毛効果を裏付けています。

専門家たちが認めるミノキシジルが配合されいてることが、リアップ最大のセールスポイントということですね。

メリット3:ドラッグストアで簡単入手

リアップは他の育毛剤より、簡単に入手できるのがいいですね。ドラッグストアに行けば、だいたい置いてあると思います。

大手メーカーの大正製薬だけあって、販売経路はしっかり確立されています。

ただちょっと注意したいのは、リアップ購入前に薬剤師から説明を一通り受けなければいけないこと。店舗では人目もあるので、すこし恥ずかしいかもしれません。

メリット4:バツグンの知名度

リアップといえば、育毛に興味がない人でも知っています。これだけCMで宣伝してるのだから当たり前ですね。

知名度があるぶん、利用者の数も多いです。口コミや使用感など、情報がたくさんあるので、安心して使えます。

リアップの5つのデメリット

 

デメリット1:かゆみなどの副作用が出る

リアップには副作用があることでも有名です。リアップを使用すると、けっこう高い確率で副作用の症状がでてしまいます。

リアップの副作用についても、臨床試験データがあるので確認してみましょう。

3072人を対象にした調査では、副作用発症率8.82%でした。意外に多いなという印象ですが、みなさんいかがでしょうか。

出典元:http://www.pmda.go.jp/otc_reexam/2014/i20140702001/400059000_22100APX00105000_Q100_1.pdf

副作用としてよくあるのが、全身や体の一部のかゆみです。副作用が出た人の半分くらいは、かゆみの症状を訴えています。

重い症状としては、心臓などの臓器に障害がでてしまう人がいました。

これらの症状は併発することもあり、もし副作用がでてしまった場合は、すぐに医者に診てもらわなければいけません。

デメリット2:抜け毛を抑える成分はない

リアップに含まれる有効成分は、ほぼミノキシジルだけと考えて良いでしょう。ミノキシジルは発毛のための成分です。

抜け毛を抑える成分には有名なものがたくさんありますが、リアップには一つも配合されていません。

プロペシア(フィナステリド)は医薬品として有名ですね。

他にもオウゴンエキスやヒオウギエキスなど、育毛剤には是非欲しい成分です。

リアップはリニューアルしたときに、ピリドキシン塩酸塩とトコフェロール酢酸エステルが追加されました。

ただし、これらの成分は頭皮環境の改善が目的なので、抜け毛には効果的ではありません。

デメリット3:壮年性脱毛症だけがターゲット

リアップはAGAに有効な育毛剤です。AGAは「壮年性脱毛症」とも言われている症状です。壮年性脱毛症という言葉からも分かるとおり、AGAというのは30代~50代の人にあらわれる症状。

10代や20代にみられる「若年性脱毛症」とは区別されています。

リアップは壮年性脱毛症の改善を目的としてつくられた商品です。そのため、若者にみられる若年性脱毛症には、効果があまり期待できません。

デメリット4:開封してしまうと返品不可

リアップには全額返金保証制度がありません。万が一、副作用の症状がでてしまっても、返品することはできません。

先ほども紹介したとおり、リアップは副作用のリスクがある育毛剤です。本来であれば全額返金保証制度があったほうが良いのですが、残念ながらリアップにはありません。

使用1回目からかゆみが出てしまったら、残りは廃棄するしかないです。そうなってしまうと、もったいない思いをしてしまいますね。

肌に合わなかったときのために、全額返金保証制度を用意してある育毛剤が多いなか、リアップのような育毛剤はめずらしいですね。

デメリット5:価格に広告宣伝費が上乗せされているかも

リアップはCMなどでバンバン宣伝されていますね。そのぶん知名度が高く、売り上げも伸びているのだろうとは思います。

ただ、リアップは広告宣伝費をかけているので、この費用が商品価格にも上乗せされているのではないかと思います。

海外でもリアップのようなミノキシジル製品があります。ロゲインという商品は、過去に日本でも話題になったので知っている人もいるのではないでしょうか。

オオサカ堂でロゲインの価格を調べると、1本あたり2,800円くらいです。一方で、リアップは1本あたり7,000円以上。かなり高いですね。

リアップは使用者よりも、自社の利益を優先させている感じがしてしまいます。

■リアップのメリット

  • 臨床試験で実証された発毛効果がある
  • 日本皮膚科学会推奨のミノキシジル配合
  • 全国のドラッグストアで購入できる
■リアップのデメリット

  • かゆみなどの副作用の症状がでやすい
  • 抜け毛を抑える有名な成分が入ってない
  • 10代~20代の若年性脱毛症には向かない
  • 返金制度がなく使用後の返品はできない
  • 広告宣伝費をかけているので価格が高い

フィンジアのメリットとデメリットを紹介

キャピキシル育毛剤として、人気爆発のフィンジア。キャピキシルとピディオキシジルの2大育毛成分が自慢です。

フィンジアとリアップはどれくらい違うのか?メリットとデメリットを簡単にまとめてみました。

フィンジアの6つのメリット

 

メリット1:ミノキシジルの3倍!キャピキシルを配合

フィンジアに配合されている成分で、注目度が高いのがキャピキシルとピディオキシジルです。

海外で開発された成分ですが、臨床試験で育毛効果が実証されています。

キャピキシルというのは、発毛促進と脱毛抑制の両方の効果が期待できる成分。リアップのミノキシジルは発毛効果だけですが、こちらは抜け毛を抑えることも期待できます。

キャピキシルの発毛促進パワーがミノキシジルの3倍という実験結果はこちら。毛包細胞の成長率がキャピキシルの方が断然高いです。

そして、脱毛抑制の効果をあらわした実験結果がこちら。AGAの原因物質DHTをつくりだす、2型5αリダクターゼの働きを93%も抑えています。

391231_6.jpg出典元:http://www.botanical-prana.com/data/wp-content/uploads/2012/11/10100_2.jpg

メリット2:ミノキシジルと同等のピディオキシジルも配合

フィンジアもう一つの注目成分ピディオキシジルもすごいです。ピディオキシジルというのは、ミノキシジル誘導体とよばれる成分の一種です。

誘導体というのは、もとの化合物の一部を変えることで扱いやすくしたもの。ミノキシジルの一部を変えて、副作用を抑えたのがピディオキシジルということです。

ですので、育毛パワーはミノキシジルとほとんど同じだと考えられています。

マウスを使った実験でも、ピディオキシジルの育毛効果は実証されています。マウスにピディオキシジルとミノキシジルをそれぞれ塗布したところ、その後両方ともに発毛が確認されました。

どちらも同じくらいの発毛だったことから、ピディオキシジルはミノキシジルと同等の育毛パワーが期待できるということです。

出典元:http://www.slideshare.net/Kumarorganicproducts/kopyrrol-pyrrolidinyl-diaminopyrimidine-oxide

メリット3:DHTの生成を抑えるヒオウギエキス配合

フィンジアの育毛成分はまだまだあります。リアップには無かった抜け毛を抑える有名成分が配合されています。

フィンジアに配合されているのはヒオウギエキス。ヒオウギエキスの主成分イソフラボンには、5αリダクターゼの働きを阻害する作用があります。

ヒオウギエキスが持つこの作用によって、DHTの生成を抑える効果が期待できます。

DHTは抜け毛を促進させる元凶。フィンジアにヒオウギエキスが含まれているおかげで、抜け毛が増えてしまうことに対抗することができます。

メリット4:副作用のリスクがほとんどない

フィンジアに配合されている成分は、副作用のリスクはほとんどありません。

フィンジアは人気がある育毛剤なので、使用者もかなりたくさんいます。しかし、副作用があらわれたという報告は、今のところ聞いたことがありません。

ミノキシジルと同等以上の育毛パワーが期待できるのに、副作用の心配はほとんどないのはうれしいですね。

フィンジアを選ぶ一番の理由は、この安全性かもしれません。

メリット5:浸透力を高める独自の技術

フィンジアにはゲートアクセス理論という、浸透技術が採用されています。

フィンジアに配合されているカプサイシンには、発汗作用があることが知られています。この発汗作用によって毛穴が開き、フィンジアの薬液を髪の根元までしっかり浸透させることが可能となっています。

浸透力というのは、ないがしろにされがちですが、育毛剤にとってとても重要な要素です。

せっかく優秀な成分があっても、頭皮から流れ落ちてしまっては意味がありません。ちゃんと頭皮に浸透することで、育毛効果が発揮されます。

リアップに含まれるミノキシジルは、浸透力が弱い成分です。

大正製薬によると、リアップ中に含まれるミノキシジルのうち、頭皮に浸透するのはたったの1%!
参考元:http://www.taisho.co.jp/company/release/1999/120399-j.htm

それなのに、リアップは浸透力を高める工夫をしていません。育毛剤にとって、成分の次に大事な浸透力がリアップには足りてません。

浸透力に関しては、フィンジアの圧勝ですね。

メリット6:安心の全額返金保証がある

フィンジアには全額返金保証制度があります。

全額返金保証制度があるので、使用中に異常が出てしまった場合でも、本体を返品することで代金が全額返ってきます。

育毛剤は肌に直接使う商品なので、このような配慮がされているのはありがたいですね。

育毛剤はそれなりにお値段が張るので、もしも自分に合わなかったらと心配になってしまいます。でも全額返金保証があれば、購入のハードルは下がりますね。

フィンジアの3つのデメリット

 

デメリット1:リアップより価格が高い

キャピキシル育毛剤の宿命ですが、フィンジアの価格はリアップより高いです。

単品価格は1本あたり12,800円。最安で購入するなら3本セットの定期コースですが、それでも1本あたり8,966円となります。

リアップ(約7,000円)よりも価格が高いのは、フィンジアの弱点です。

フィンジアはキャピキシル配合の上に、成分数が全25種類と多いです。これだけ成分が配合されていれば、価格の高さもしょうがないとは思います。

しかし、もう少し安ければもっと気軽に購入できたのになと感じてしまいますね。

デメリット2:日本国内の臨床試験は未実施

キャピキシルやピディオキシジルは海外メーカーが開発した成分なので、日本国内では臨床試験を行っていません。

本格的な臨床試験は、莫大な時間と費用が必要なので、普通のメーカーでは行うことは難しいです。

海外では臨床試験をしており、育毛効果も確認されています。ただし日本では行っていないので、日本人への効果が実証されてないという不安はあります。

外国人と日本人でそこまで違うとは思いませんが、日本国内の臨床試験データが無いという点はデメリットですね。

リアップは大正製薬が行った臨床試験があるので、実験データではリアップの方が優れていると思います。

デメリット3:ネット通販でしか取扱がない

フィンジアはネット通販限定発売の育毛剤です。ドラッグストアや百貨店などでは、購入することができません。

これは、流通コストの削減やアフターサービスの充実など、購入者のことを考えてのことだと思います。

しかし店舗での購入とは違い、購入してもすぐに手元に来ないというのは、ややデメリットのように思います。

フィンジアの買い忘れが心配の人は、毎月定期的に届けてくれる定期コースを利用するのが良いでしょう。これならば、購入の手間なく買い忘れの心配もありません。

■フィンジアのメリット

  • キャピキシルの発毛促進と脱毛抑制効果に期待
  • ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)配合
  • ヒオウギエキス配合でDHTの抑制が期待できる
  • 副作用のリスクがほとんど無いので安全性が高い
  • 浸透力を高めるゲートアクセス理論を採用
  • 全額返金保証があるので万が一でも安心できる
■フィンジアのデメリット

  • 最安価格8,966円とリアップより高い
  • 日本人に対する臨床試験データがない
  • ネットでしか購入することが出来ない

リアップは30代後半以降の人にオススメ!

リアップが効果を発揮するのは壮年性脱毛症だけです。これは30代後半からよくみられる症状なので、10代から20代の人はリアップでは効果がでない可能性があります。

ミノキシジルは強力な発毛効果がありますが、副作用のリスクもそれだけ高いです。若者はあまり手を出さない方がいいでしょう。

他の育毛剤でダメだったときの、最終手段とするのが良いと思います。

30代後半以降の人にとっては、薄毛改善効果が高いのでオススメできます。長年CMで宣伝しているので、リアップの使用者は多くいます。

実績ある育毛剤を使いたいなら、リアップは良い選択肢だと思います。

フィンジアは20代から30代前半の人にオススメ!

20代から30代前半の人ならフィンジアの方をオススメします。リアップは壮年性脱毛症に効果があるので、ほとんどの若者には向いていません。

一方でフィンジアなら、壮年性脱毛症と若年性脱毛症の両方に対応可能です。年齢を選ばず使うことができるので、30代後半以降でも使ってみる価値が十分ある育毛剤です。

また、リアップの副作用が怖い人もフィンジアがよいでしょう。リアップは副作用発症率が高めで、場合によっては重い症状がでてしまいます。

薄毛症状がまだ弱めなら、副作用のリスクを避けて、フィンジアを使ってみるのが良いと思います。

フィンジアは発毛促進と脱毛抑制のW効果

フィンジア配合されているのは、ミノキシジルの3倍の育毛パワーと言われるキャピキシル。

さらにはピディオキシジルも配合されており、育毛効果の期待度ではリアップに引けを取っていません。

ヒオウギエキスで抜け毛の予防もできるなど、薄毛症状に幅広く対応できるのもフィンジアの魅力です。

育毛と抜け毛対策の2つ同時にしたいなら、フィンジアを選ぶのが良いでしょう。

まとめ

30代後半以降の人にはリアップがオススメです。ただし、抜け毛対策をしたい人や、リアップの副作用が怖い人ならフィンジアが良いでしょう。

30代前半なら迷わずフィンジア。発毛促進と脱毛抑制にバランスよく対応できます。

20代の人もフィンジアが良いです。しかし、20代前半の薄毛(若年性脱毛症)の原因に対抗するなら、もっと他の育毛剤が良いかもしれません。

若年性脱毛症のすべてを対応はできない

若年性脱毛症の原因は、ストレス、偏った食事、乱れた生活リズムなど、生活習慣によるものがほとんど。他には整髪料やシャンプーの影響も考えられます。

フィンジアの成分では、これらすべての原因に対応することは難しいです。20代前半の薄毛には、ヒオウギエキス以外の頭皮環境悪化にも対応できる成分が必要になってきます。

20代前半の薄毛症状に最適な育毛剤!

そこでオススメなのが、チャップアップやイクオスといった育毛剤。20代前半の薄毛(若年性脱毛症)に最適なのは、チャップアップイクオスのような成分数が多い育毛剤だと思います。

チャップアップやイクオスは、フィンジアをはるかに上回る成分数を誇る育毛剤。

チャップアップの成分は81種類で、イクオスの成分は61種類。どちらも業界トップレベルの成分数です。

チャップアップ イクオス フィンジア
81種類 70種類 25種類

成分が豊富に配合されているおかげで、様々な要因で引き起こされる薄毛にも対応可能。

20代前半にみられる生活習慣の乱れによる薄毛には、チャップアップやイクオスを使用するのが効果的だと思います。

人気なのはチャップアップ

どちらかというと、人気と実績が高いのはチャップアップですね。長年の愛用者がいるので安心して使用できます。

成分数が多いので、他の育毛剤より相性の差が出にくいのもメリットですね。

イクオスはサプリと併用で効果アップ

ただし、育毛剤とサプリを併用するならイクオスがオススメ。イクオス専用サプリのイクオスサプリEXは、成分数46種類配合の最高レベルの育毛サプリです。

最近リニューアルされたばかりですが、完成度がかなり高く注目度も高いです。

薄毛改善には年齢に合わせた育毛剤選びが大切。自身にあった育毛剤で、薄毛改善を目指しましょう!

最後にまとめると、

  • ミノキシジル成分が配合されたリアップは発毛効果が臨床試験で実証されている
  • リアップは抜け毛抑制に有効な成分が入っていないため10代~20代の若年性脱毛症には不向き
  • フィンジアは安全性が高く返金保証があるがリアップより2,000円ほど高い
  • フィンジアはキャピキシルの発毛促進と脱毛抑制効果に期待できるのが◯
  • 20代前半の薄毛症状ならより適したチャップアップやイクオスがオススメ

フィンジアのオフィシャルサイトはこちらcheck!
チャップアップのオフィシャルサイトはこちらcheck!
イクオスのオフィシャルサイトはこちらcheck!

 

2016年9月のリニューアルでイクオスが超進化しました!育毛剤はチャップアップから変更、育毛サプリはボストンから変更しています。イクオスはチャップアップと同等レベル、サプリはボストンを圧倒的に超えました!ということは、サプリ付きのセットを購入した方がグンと節約になります。前に比べて、月々3,674円の節約に成功!フィンジアは気になる部分だけのケアに使用!
 
育毛通の管理人がリアルに使用中のBEST3
ガチで購入中の公式サイト
公式サイトに書けない比較
ガチで購入中の公式サイト
公式サイトに書けない比較
ガチで購入中の公式サイト
公式サイトに書けない比較
特に人気のある9つの育毛剤を徹底比較して、わかりやすくランキングにしました。それぞれのメリット&デメリットも書いていますので、育毛剤選びの参考にしてみてください(^^)/

  【2017年版】9つの育毛剤から厳選!どれが良いかランキングBEST3!check!
  【2017年版】僕がハゲ対策で使っている育毛剤&サプリ&シャンプー!check!

※↑↑↑今バリバリ使っている育毛アイテムも追加しましたー
 

チャップアップからイクオスに少しのあいだ浮気中です~ヾ(。>﹏<。)ノ゙ 【2017年ベスト?】イクオスはチャップアップを超えたのか調査記事check!
 
これが今のスタンダード!成分的にも価格的にもテッパン育毛剤はコレ! チャップアップ
 
ピディオキシジル+キャピキシル(+カプサイシンイソフラボン(ヒオウギエキス))はガチ!
 

このページの先頭へ