【マイナチュレ危機】リジュン(Rijun)の育毛効果はメチャ期待できる!

【マイナチュレ危機】リジュン(Rijun)の育毛効果はメチャ期待できる!


⇒ 初回限定の特価がお得すぎる!公式サイトでチェック(クリック)

2017年デビュー「リジュン(Rijun)」とは?

リジュン(Rijun)は新発売の女性用育毛剤です。

特許出願中のフルボ酸と、男性用育毛剤Deeper3Dでも知られる「リデンシル」を配合していることが大きな特長です。

リジュンの良いところは、女性の抜け毛についてトコトン考えて設計されていること。

2017年デビューということもあり、今までの技術を結集して作られた期待の育毛剤だと言えます。

リジュン(Rijun)の効果@ここがスゴいTOP3!

発売されたばっかりのリジュン(Rijun)には最新の成分や技術が使われています。

リジュンのおもな特長は、高い浸透力と次世代のヘアケア成分。それらを踏まえて、まずは育毛剤の軸となる3つのポイントから説明していきます。

リデンシル

なんだか聞きなれない成分ですが、リデンシルはスイスで開発された育毛成分です。

セイヨウアカマツ球果エキスとチャ葉エキス、グリシン、ピロ亜硫酸Na、塩化亜鉛を合わせて作られました。

髪の毛への効果は大きく分けて3つ。

  • 頭皮の炎症を抑える
  • 髪の毛の細胞を増やす
  • 髪の毛の土台を強化する

頭皮は髪の毛を育てる畑のようなもの。畑(頭皮)が荒れていれば作物(髪の毛)が育ちません。

それに多くの種をまき、肥料をあげることも大切です。

太くて強い髪の毛を育てるためには、髪の毛のもとになる細胞を増やし、根っこの部分を強く育てる必要があります。

こうした整地~種まき~成長に必要なものをすべて補ってくれるのがリデンシルなのです。

髪の毛の成長期がのびる

髪の毛には、育つ・弱る・抜けるというヘアサイクルがあります。そして育毛は、育つ時期(成長期)の髪の毛を増やすことが大切です。

リデンシルの効果について、AGA(男性型脱毛症)患者26名を対象にした実験が行われています。

その結果、弱る時期(休止期)の髪の毛が17%減り、育つ時期(成長期)の髪の毛が9%増えています。また、髪の毛全体の量は17%ほど増加しました。

400629_1出典元:cosmetics business

割合でみると分かりにくいですよね。かんたんに言うと、リデンシルを使って平均23800本もの髪の毛が増えていることになります。(平均的な髪の毛は10万本)

フルボ酸

リジュン(Rijun)にはフルボ酸が配合されています。これは腐葉土から抽出された成分です。

フルボ酸にはイオン交換の性質があり、リジュンに配合された育毛成分を頭皮に取り込みやすくする効果が期待されています。

イオン交換は「交換」という名前の通り、頭皮に必要な成分を取り込むと同時に、頭皮に悪影響を及ぼす活性酸素などの有害物質を吸着する働きもあります。

また、酸素を効率よく取り込むこともできるため、代謝が高まることで髪の毛の成長促進が期待できます。

まだまだ詳しく分かっていない部分もありますが、リジュンの浸透力を高めてくれる期待の新成分です。
参考元:http://furubo.net/fulvic/

ナノ化成分72種類

リジュン(Rijun)に配合されている成分は全部で88種類!

チャップアップが81種類なので、それを9種類も超えてきたのは正直スゴいことだと思います。

また、リジュンは88種類のうち72種類の成分をナノ化しています。ナノ化とは育毛剤の成分を小さく加工する技術のことです。

どうして小さくするかというと、髪の毛が生えている毛穴は直径0.2mm程度の大きさしかなく、分子の大きい育毛成分だと浸透しにくいからです。

育毛剤の成分をナノ化して小さくすれば、毛穴の奥まで入り込むことができます。すると育毛成分が毛根まで届きやすくなり、効果を発揮しやすくなるのです。

リジュン(Rijun)の効果@その他バージョン!

リジュン(Rijun)には他にも効果的な育毛成分がたくさん配合されています。

女性の髪にバッチリな成分を抜粋してご説明します。

フコイダン

リジュン(Rijun)にはリムベールが配合されています。これはトンガ王国の天然モズクから抽出されたフコイダン(ぬめり成分)です。

フコイダンは肌を保護する天然の保湿成分として使われていますが、FGF-7という成長因子を増やす働きもあるのです。

出典元:アデランス

成長因子とは体の成長に関わる物質で、細胞分裂は成長因子の働きによって行われます。

髪の毛も体と同じように細かい細胞が集まって作られています。その細胞ひとつひとつを作り出しているのが毛根のいちばん下にある毛乳頭細胞です。

フコイダンの作用で成長因子(FGF-7)がどんどん増えて毛乳頭を刺激します。すると髪の毛の細胞分裂が活発になり、成長期を長く延ばせるのです。

フコイダンの育毛効果はフレグランスジャーナルに掲載されています。多くの研究者から高評価を受けているため、効果が期待できるでしょう。
参考元:http://www.626214.com/component/

イソフラボン

リジュンに配合されている濃縮葛根イソフラボン。イソフラボンといえば大豆が有名ですが、葛根のイソフラボンは大豆よりも豊富です。

どうして女性の抜け毛にイソフラボンが良いかというと、体内で女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしてくれるからです。

産後の女性の髪の毛が抜けるのは「ホルモンバランスの乱れ」が関係しています。

出産後に女性ホルモンがガクッと減ったことで相対的に男性ホルモンが優位となり、男性と同じような抜け毛が起こってしまうのです。

男性の抜け毛の原因はDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンです。DHTを防ぐには5αリダクターゼという酵素の働きを抑えないといけません。

イソフラボンには5αリダクターゼの働きを抑制する作用があり、国立癌研究所が行った実験でも認められています。

出典元:国立がん研究センター

大豆由来のイソフラボンを配合した育毛剤は多いですが、葛根由来でしかも濃縮されているので、さらに高い効果が期待できるでしょう。

リジュン(Rijun)の副作用は?妊娠中・授乳中は?

リジュン(Rijun)に配合された成分を見ていると、女性の抜け毛に効果を発揮してくれそうなものばかりです。

届いた冊子では「問題なし!」と書かれています。

ただ、どう問題ないのか書かれていませんね。ちょっと、詳しく見ていきましょう。

リジュン(Rijun)には、副作用のある刺激的な成分は含まれていないのでしょうか?

リジュン(Rijun)にはエタノールが入ってない

リジュンにはエタノール(アルコール)が配合されていません。

そのため、頭皮が敏感になりがちな妊娠・授乳期の女性でも安心して使用できます。

エタノール(アルコール)はほとんどの育毛剤に配合されています。しかし肌の弱い人が使うことでヒリヒリ感やかゆみ、赤みなどの副作用を起こすおそれがあるのです。

アルコールの刺激性は、ある育毛剤メーカーが行った実験でも証明されています。

このように、アルコールが配合された育毛剤と、アルコールを大幅にカットした育毛剤の中にそれぞれ植物を活けます。

その結果、アルコール配合の育毛剤に活けた植物は1日で枯れてしまったのです。

エタノール(アルコール)配合の育毛剤を使うことで、頭皮にかなりの負担をかけていることが分かります。

エタノール(アルコール)の作用とデメリット

でも、どうして育毛剤にエタノール(アルコール)を入れる必要があるんでしょうか?

エタノールには殺菌作用と皮脂を溶かす作用があります。頭皮に存在する雑菌の量をコントロールすることで、かゆみやフケを軽減できるのです。

また、頭皮の皮脂を溶かすことで育毛剤の浸透を助ける役割もあります。

しかしエタノールは刺激が強く、アルコールにアレルギーを持つ人は頭皮が荒れる原因になることも。

さらには揮発性(蒸発する性質)も高いため、頭皮の水分を奪ってしまい、乾燥肌になりやすいのです。

エタノール入りの育毛剤は、とくに女性の頭皮への悪影響が心配されます。

女性の頭皮がデリケートな理由

どうして女性の頭皮がエタノール(アルコール)に弱いかというと、皮脂の分泌量が少ないからです。

じつは皮脂には、水分を逃がさないようにフタをして、雑菌や紫外線から頭皮を守る役割があります。

皮脂量の多い男性ならエタノール入りの育毛剤を使ったところで問題は起こりにくいでしょう。

しかし、もともと皮脂の分泌量が少ない女性が使うと、皮脂を落としすぎてしまうのです。

とくに妊娠中・授乳期の女性は、ホルモンバランスの乱れやつわりによる偏食で肌の栄養が足りず、頭皮が荒れやすくなっています。

そのため、妊娠中や授乳中の女性が使う育毛剤は、頭皮に負担の少ないノンアルコールのものを選んだほうが良いでしょう。

リジュンを購入する(クリック)

リジュン(Rijun)の返金期間は長~い!

リジュン(Rijun)はノンアルコールで副作用の心配はなさそう。ですが、万が一の保証だって充実しています。

リジュンには全額返金保証制度があります。

これは、リジュンを使ってみて頭皮に合わなかったり、製品として気に入らなかったりしたときに購入代金を返してくれる制度です。

しかも返金保証期間は90日間。約3ヶ月の間じっくりと試すことができます。

決して安くはない育毛剤。長い保証期間があると安心ですね。

全額返金保証の注意点

リジュンの返金保証を受けるには、ある条件を満たさないといけません。

  • 初回購入であること
  • 商品受け取りから90日以内であること
  • 事前に電話で連絡すること
  • 使用中の容器と振込先を一緒に送り返すこと

これらの条件に当てはまっていないと返金保証が受けられません。前もって確認しておきましょう。

ちなみに一度返金保証を使うと次からリジュンを購入できなくなります。よく考えてから使うようにしてくださいね。

リジュン(Rijun)の最安コースと定期解約条件

リジュン(Rijun)の返金保証は普通に買っても受けられません。

返金保証を受けるには、定期コースで申し込むことが必要です。しかも定期なら、最安で購入できるヒミツの買い方ができるんですよ。

今からその方法をこっそり教えちゃいますね。

リジュン(Rijun)を最も安く購入する方法

リジュンを最安で購入する方法は、3本セットの定期コースで申し込むことです。

普通の定期コースだと2回目からの価格は1本4,980円になります。

しかし、3本セットの定期コースなら1本あたりの価格は約3,800円(税抜)となり、送料や手数料も無料で続けていくことができます。

買い方はかんたん。公式サイトで定期コースの購入を選択すると、カートの画面に移動しますが、その下に表示されています。

そのまま3本セットの定期コースに変更して申し込みましょう。

定期コース解約の注意点

定期コースを解約するときの注意点は2点!

  1. 次回発送日の7日前に伝えること
  2. メールではなく電話で伝えること

これだけ注意すればOKです。いつでも解約できるので、定価ではなくお得な定期コースを購入しましょう!

リジュンを購入する(クリック)

リジュン(Rijun)の毛髪診断士サポート付き詳細

リジュン(Rijun)は毛髪診断士によるサポートが受けられます。

毛髪診断士とは髪の毛のプロです。育毛に関する知識を持ち、相談者の髪の状態を把握した上で適切なアドバイスができる人のことを言います。

抜け毛の原因や育毛のやり方など、どんな質問にも答えてくれます。すぐに相談できる人がいるのはすごく心強いですね。

リジュン(Rijun)の効果的な使い方まとめ

育毛剤は使い方をちょっと意識するだけで効果が高まるって知っていましたか?

ここからはリジュン(Rijun)の効果的な使い方をご紹介します。簡単にまとめていますので、ぜひ実践してみてください!

リジュン(Rijun)は頭皮につけよう

リジュン(Rijun)は髪の毛をかき分けて頭皮に塗布します。

髪の毛は毛根にある細胞が分裂することで、上に押し上げられるように伸びていきます。そのため、髪の毛に直接つけても効果はありません。

なるべく頭皮につけられるように気を付けましょう。

マッサージをすると効果的

リジュン(Rijun)は前髪の生え際から頭のてっぺん、後頭部など頭皮全体に塗布します。

目安は1回につき14プッシュ。

塗布し終わったら、成分が浸透するのをイメージしながら頭皮になじませていきます。

このとき、気になる部分を中心に頭皮マッサージをすると効果的です。決してこすらず、指の腹を使って頭皮を持ち上げる感覚でやさしく行いましょう。

1日2回を継続しよう

リジュン(Rijun)は1日2回に分けて使います。朝出かける前と夜寝る前がオススメです。

また、使ったり使わなかったりすると効果が半減してしまいます。リジュンの効果を高めるために、毎日決まった時間に継続して使うことを心がけましょう。

不動の人気「マイナチュレ」といろいろ比較

ところで、女性用の育毛剤と言えばマイナチュレも有名ですね。口コミからもその人気ぶりが伺えます。

となると「本当にリジュン(Rijun)で良いの?」って迷う気持ちも出ちゃいますよね。

そこで、マイナチュレとリジュンはどちらが買いなのかをハッキリさせるために、いろいろと比較して検証を行ってみました。

成分

まずは成分で比較してみましょう。

メイン成分で比較

育毛効果が高い成分としてマイナチュレは海藻エキス(1)、リジュンはリデンシルが配合されています。

海藻エキス(1)は別名「M-034」のことで、北海道の三石昆布から抽出した育毛成分です。

医師が推奨する育毛成分、ミノキシジルと同等の育毛パワーがあると言われています。

リデンシルの育毛効果を調べた実験では、ミノキシジルの2倍という結果が出ています。

出典元:https://www.redenhair.com/en/content/15-redensyl:Increase of hair follicle length

配合成分では、リデンシルを配合しているリジュンが優位となります。

エタノール(アルコール)で比較

マイナチュレの成分表を見ていると、エタノール(アルコール)が書かれています。

さっきも説明したように、妊娠中や授乳中の女性はなるべく頭皮にやさしい育毛剤を使うべき。

なので、成分の刺激性で比べるとリジュンのほうが頭皮にやさしいでしょう。

成分数で比較

育毛剤は配合されている成分数も大事です。なぜなら効果的な成分は人それぞれだからです。ある人には効く成分でも、ある人には効かないこともあります。

そのため、同じ効果をもつ成分を数多く配合することで、互いに補強し合いながら効果を高めている育毛剤が理想なのです。

▼成分数はマイナチュレが51種類

リジュンが88種類で、リジュンのほうが優位となっています。

価格

次は価格で比較します。

リジュン(Rijun)とマイナチュレでは、通常購入、定期コースともにマイナチュレの方が安いことが分かります。

リジュン マイナチュレ
容量 100ml 120ml
使用期間 約1ヶ月 約1ヶ月
通常 5,960円
+送料640円
5,095円
+送料650円
定期コース 4,980円 4,457円
初回定期コース 2,980円 なし
3本セット定期コース 11,440円
1本約3,800円
なし

しかし初回割引があるのはリジュン。さらに3本セットの定期コースだと、1本あたり約3,800円で購入できます。

1本ずつ買うならマイナチュレが安いですが、まとめ買いをするならリジュンの方が安くなります。

返金保証期間

返金保証の期間で比較してみましょう。

返金保証の期間はマイナチュレが180日間(約6ヶ月)、リジュン(Rijun)が90日間(約3ヶ月)となっています。

育毛剤の効果は半年ごろから実感できると言われています。そのため、返金保証の期間では半年間じっくり試せるマイナチュレのほうが理想です。

定期解約条件

定期コースを解約したい!ってなった場合はどちらが止めやすいのでしょうか。

マイナチュレには6ヶ月間の継続縛りがあります。つまり定期コースで申し込むと6ヶ月間は休止や解約ができません。

リジュン(Rijun)の定期コースは初回購入から休止や解約が自由にできます。

育毛剤は続けてこそ効果が出るものですが、急な出費がかさんで支払いが厳しい月もあると思います。

そうなったときに、すぐに休止や解約ができるリジュンのほうが安心感はあります。

総合的にみて、マイナチュレを超えたって感じを受けます^^

まとめ(リジュンのデメリットは?買い?)

リジュン(Rijun)は女性にとってかなり良さそうな育毛剤ですね。

1本の価格は若干マイナチュレのほうが安いですが、わずかな価格差を補えるほどにリジュンの成分は違っています。

デメリットと言えば2017年発売で口コミが少ないこと。

それでも配合成分を見ていると、今までの育毛剤にも引けを取りません。エタノールも入っていないし、肌が弱い人でもかなり安心して使えます。

いろんな育毛剤を見てきた私が思うに、女性用育毛剤の中では今のところNo.1です!

ということは、マイナチュレの口コミ以上の効果があると予想できます。

結論としては、迷うことなく「買い」でしょう!

リジュンを購入する(クリック)

 

2016年9月のリニューアルでイクオスが超進化しました!育毛剤はチャップアップから変更、育毛サプリはボストンから変更しています。イクオスはチャップアップと同等レベル、サプリはボストンを圧倒的に超えました!ということは、サプリ付きのセットを購入した方がグンと節約になります。前に比べて、月々3,674円の節約に成功!フィンジアは気になる部分だけのケアに使用!
 
育毛通の管理人がリアルに使用中のBEST3
ガチで購入中の公式サイト
公式サイトに書けない比較
ガチで購入中の公式サイト
公式サイトに書けない比較
ガチで購入中の公式サイト
公式サイトに書けない比較
特に人気のある9つの育毛剤を徹底比較して、わかりやすくランキングにしました。それぞれのメリット&デメリットも書いていますので、育毛剤選びの参考にしてみてください(^^)/

  【2017年版】9つの育毛剤から厳選!どれが良いかランキングBEST3!check!
  【2017年版】僕がハゲ対策で使っている育毛剤&サプリ&シャンプー!check!

※↑↑↑今バリバリ使っている育毛アイテムも追加しましたー
 

チャップアップからイクオスに少しのあいだ浮気中です~ヾ(。>﹏<。)ノ゙ 【2017年ベスト?】イクオスはチャップアップを超えたのか調査記事check!
 
これが今のスタンダード!成分的にも価格的にもテッパン育毛剤はコレ! チャップアップ
 
ピディオキシジル+キャピキシル(+カプサイシンイソフラボン(ヒオウギエキス))はガチ!
 

このページの先頭へ