それでは、増毛ネットのスヴェンソン式増毛法に関する口コミをご覧ください。

それでは、増毛ネットのスヴェンソン式増毛法に関する口コミをご覧ください。

サッカー解説者のあの人が増毛しているとなって話題になっている「スヴェンソン式増毛法」ですが、ホントにあの人のような自然な仕上がりになるのでしょうか!?

生の声で検証したる!

まずは、どんな有名人がカミングアウトして、増毛ネットの 「スヴェンソン式増毛法」で増毛しているかご覧ください!

こんな有名人もやっちゃってます。

やくみつるさん

390828_3

続いては、やくみつるさんです。辛口コメンテーターとしても有名ですが、昔はずっと帽子をかぶってた印象。

最近は帽子をかぶっていなかったので、「なんだ、ハゲてないじゃん」と思っていたのですが、違いました…増毛ネットで増毛さんでしたね。

書くために調べてみると、元は漫画家さんなんですね。知りませんでした。

タケウケタさん

390828_4

続いては、俳優さんであり、ミュージシャンであり、レポーターでもあるタケウケタさん。

正直、私は知らなかったのですがみなさん知ってるかな~と思って載せましたw

どちらかというと、俳優さんで有名みたいですね。1954年生まれなので、まあまあなお歳です。

諸橋晴也さん

390828_5

最後に、諸橋晴也さんです。この人、プロレスラーです…

いまだかつて、増毛レスラーがいたでしょうか?…たぶん居たでしょうね。隠して活躍してた人は。

「髪をつかまれて、投げ飛ばされても大丈夫!」って言うてます。どんだけ丈夫なんだ?スヴェンソン!自毛でも痛いでしょ。

「スヴェンソン式増毛法は、スポーツする人に最適!」とアピールしていますが、まさかプロレスでも問題ないとは…ちょっと斜めからアピールしてきましたね(*_*)

ちなみに、諸橋晴也さんの入場曲はNOFXの「Don’t Call Me White」です。懐かしい~!私も昔はメロコア(死語?)をよく聴いていたものです。北欧とかのメロコアが好きでした。

ところで、スヴェンソン式増毛法ってどんなのよ?

難しいことは最後の資料請求で見てもらうとして、簡単に説明します。

「自分の髪に新しい毛を特殊な3本の糸で編みこんでいく増毛法」とのことです。つまり、編みこみ方式の増毛法ってことですね。

特長を箇条書きにすると、以下の通り。

  1. 24時間つけっぱなしで1か月着用可能!
  2. シャンプーOK!スポーツOK!
  3. 新しい髪は100%人毛を使用!
  4. 金具でなはく、糸で編みこむので頭皮にやさしい!
  5. 整髪料、ヘアカラー、パーマもOK!

自然な仕上がりになるのは、3.の人毛100%だからですね、納得!

スポーツOK!っていうのは、プロレスラーが利用している時点で説明不要ですね。スポーツ後にそのままシャンプーできて、爽快になれるのは嬉しい限り。

スヴェンソン式増毛法に関する口コミ・評判をご覧ください。

それでは本題です。

増毛ネットの「スヴェンソン式増毛法」は世間からどのように評価されているでしょうか?一緒に検証していきましょう!

まずは辛口掲示板の2chから。

2chの口コミ・評判

  • 毛無しさん:2012/06/15(金)
    やくみつるもスヴェンソンの編み込み式を最近始めたよね。
    自身のブログでもカミングアウトしているし、とにかく快適らしい。
    実際にバレバレのカツラではなくパッと見れば全く分からない。
    そりゃスヴェンソンが他社から妬まれて叩かれる訳だわ。
  • 毛無しさん:2012/08/03(金)
    僕の友人はスヴェンソンの編み込み増毛しているんだけど、よく見ても全くわからないよ。頭触っても簡単にはわからない。
    僕も最近禿げスイッチ入ったからその友人に相談しているが、臭くもなく結構快適だと言っている。
    まあ人それぞれだから、合う合わないはあると思う。
  • 毛無しさん:2012/12/13(木)
    松木さん やくさん 自然だね
  • 毛無しさん:2012/12/23(日)
    やくみつる自然だな
    カツラにするなら絶対ここにするw
  • 毛無しさん:2014/03/14(金)
    スベンソンの良い所は、編みこみ式だから他社メーカーのように蒸れないし、洗髪も自由だからいいよ。
    編みこみ部は、若干かゆくなるけど、耳カキで書けば問題ないし、化膿することもない。
    化膿したと言ってる人は、皮膚が傷つくのも気にしないで掻きむしったからだと思う。
    普通掻きむしれば頭じゃなくともどこの部位でも傷つくよね。
    快適に使用しています。
  • 毛無しさん:2014/03/14(金)
    ↑ちなみに愛用3年目です。^_^
  • 毛無しさん:2014/03/20(木)
    ここのカツラだけは使ってはダメ。
    最初は良いが5年すぎると編み込み部分が禿げてきて、頭に一周の丸い円のハゲが出来る。もう坊主にも出来ない。後悔してる。
  • 太郎:2014/04/22(火)
    スベンソン愛用者です。金額は100万円とか編みこみ部が数年で脱毛するとか色々中傷が書かれています。
    しかし私が通っているスベンソンは、年間30万円掛かりません。
    もちろん美容師さん並みに上手なカット代込みです。
    5年で編みこみ部が脱毛すると書いてありましたが、そんな事はありません。もしそうならば広告塔の松木さんやプロレスラーの
    諸橋さんが10年近く愛用している筈ありません。

    私も今の製品を数年使用していますが、価格・髪型共に気に入っています。40代前半です。
    あ、あとスタッフも愛用者多いですよ。
  • 毛無しさん:2014/08/13(水)
    ふ~三つ編み取ってスッキリ。ついでにショートヘアにしてもらった。本当につけてる感じがしないわ。
  • 毛無しさん:2014/08/29(金)
    スヴェンソンに通ってる人は何歳ぐらいが多いですか?
    編まないタイプだと何で固定するのでしょうか
  • 毛無しさん:2014/08/30(土)
    >>883
    50代が一番多いと店の人に聞いた
    編み込みでなければパッチン金具

いいところだけをすっぱ抜きました。基本的には、やっぱり辛口(^^)/

多い意見は、やっぱり私と同じ「松木さんとか自然だ~」という投稿でした。実際に利用している人の投稿は少ない感じですね。

真逆のこととか書き込まれてて、なにがホントか結局わからないってなります。

2chはいつも、半分嘘と思って見てます(^^)/

ツイッターの口コミ・評判

増毛って日本ではまだまだ恥ずかしいことなので、ツイッターで「使ってます!」ってツイートする人は少ないだろうな~と思っていましたが、ゼロではありませんでした。

でも、検索ヒットした数は少ないので、一部じゃなくて、これが全て!って感じです。

あとは、松木さんの増毛を揶揄するツイートが多かったですね。ちょっといじりやすいキャラですからね、あの解説は(^-^;

 

なにはともあれ、資料請求から!

増毛ネットのスヴェンソン式増毛法には、ネット上にいろんな情報がありますが、ちょっと情報が薄いです。

「で、どうなの?」って突っ込んだところの回答がおちてない感じ。そのために資料があるんでしょうね。

資料請求してみましたが、確かにボリューミー!

A4サイズでこれだけ!
390828_6

小さいサイズの資料がこれだけ!
390828_7

ちょっとだけ中身を紹介すると、こんな感じでかな~り詳しい情報が満載です。
390828_8

気になる価格も明瞭に載っていますよ!この中に。
390828_9

さあ、無料だし、資料だけ請求するか~!って人はココから請求しちゃって下さい!簡単でした。

上記から簡単に請求できるので、詳しい情報が欲しい人はぜひ請求しちゃってください!

増毛ネットの資料請求はこちら ⇒

 

2016年9月のリニューアルでイクオスが超進化しました!育毛剤はチャップアップから変更、育毛サプリはボストンから変更しています。イクオスはチャップアップと同等レベル、サプリはボストンを圧倒的に超えました!ということは、サプリ付きのセットを購入した方がグンと節約になります。前に比べて、月々3,674円の節約に成功!フィンジアは気になる部分だけのケアに使用!
 
育毛通の管理人がリアルに使用中のBEST3
ガチで購入中の公式サイト
公式サイトに書けない比較
ガチで購入中の公式サイト
公式サイトに書けない比較
ガチで購入中の公式サイト
公式サイトに書けない比較
特に人気のある9つの育毛剤を徹底比較して、わかりやすくランキングにしました。それぞれのメリット&デメリットも書いていますので、育毛剤選びの参考にしてみてください(^^)/

  【2017年版】9つの育毛剤から厳選!どれが良いかランキングBEST3!check!
  【2017年版】僕がハゲ対策で使っている育毛剤&サプリ&シャンプー!check!

※↑↑↑今バリバリ使っている育毛アイテムも追加しましたー
 

チャップアップからイクオスに少しのあいだ浮気中です~ヾ(。>﹏<。)ノ゙ 【2017年ベスト?】イクオスはチャップアップを超えたのか調査記事check!
 
これが今のスタンダード!成分的にも価格的にもテッパン育毛剤はコレ! チャップアップ
 
ピディオキシジル+キャピキシル(+カプサイシンイソフラボン(ヒオウギエキス))はガチ!
 

このページの先頭へ