【ヒリヒリ】フィンジアのアルコール(エタノール)は刺激ヤバイ?

【ヒリヒリ】フィンジアのアルコール(エタノール)は刺激ヤバイ?

「フィンジアにアルコール(エタノール)が入ってる?そりゃヤバイ!他の育毛剤に変えないと!」っていうのはせっかちすぎ。

「アルコール(エタノール)=有害物質」は都市伝説に近いお話なんです。

結論から言うと、エタノールが入っていない育毛剤を探す方が大変!ほとんどの育毛剤に入っています。

つまり、フィンジアのアルコール(エタノール)は普通~~!!超普通~~!!!ビビらなくて問題なし!

フィンジアのアルコール(エタノール)とはどんなもの?

フィンジアの成分表示では「エタノール」です。アルコールとは、エタノールやメタノールなど、アルコール類の総称。

一般的にはアルコールといえばエタノールをさします。

濃度により区分、使い分けされます。区分はこんな感じ。

  • 無水エタノール:純度99.5%以上
  • エタノール:純度95.1~96.9%
  • 消毒用エタノール:純度76.9~81.4%
    ※日本薬局方による

濃度100%近い無水エタノールは、物質を溶かす溶剤や掃除用。80%程度では消毒用として使われます。中間濃度のエタノールは両方に使えます。

フィンジアにはエタノールが使われますが、これは製造時に使ったという意味。濃度が95%のままで入っているわけではないんです。

他にアルコールとしてはBG(ブチレングリコール)、フェノキシエタノールも入りますが、エタノールとは別物。保湿や殺菌が目的の成分です。

フィンジアのアルコール(エタノール)は基本的に安全

エタノールが入った育毛剤は髪や頭皮に悪いといわれます。理由としては、刺激や乾燥などが指摘されます。

水と混ざりやすく揮発性が高いので、気化するのも水といっしょ。皮膚の水分を奪って乾燥させます。

そして、エタノールは生物の細胞膜を損傷します。この作用で細菌が死滅するわけですが、それが頭皮にも起こるといわれます。

でも、皮膚にはバリア機能があります。エタノールに短時間触れたからって、すぐに損傷するほどヤワじゃないんです。

現実に、育毛剤などのエタノールで何らかの健康被害、実害が出た例はありません。

ウォッカやテキーラが皮膚についても、どうこうないですよね。育毛剤のエタノールは、それと同じ程度。基本的に安全です。

頭皮によってはエタノールで刺激やヒリヒリがあるかも

ただ、育毛剤のエタノールは全く問題ないとは言えません。場合により、人により、悪影響が出る可能性があります。

原因になるのは、やはりエタノールの脱水作用と細胞壁の破壊作用です。

普通の健康な頭皮では問題は起こりませんが、特に敏感肌やアレルギー体質の人に悪影響を及ぼすことがあります。

エタノールで起こるかもしれないヒリヒリ刺激

皮膚が弱い敏感な人では、エタノールでヒリヒリ、ピリピリといった刺激を感じることがあります。

また、エタノールを抗原として反応するアレルギー体質の人でも、かぶれ、腫れが起こります。

乾燥肌では、元々の肌質がエタノールでさらに乾燥、荒れたりかゆみが出ることも。

このように、エタノールと相性がよくない体質の人には、悪影響が起こってしまう可能性があるんです。

あなたは、超敏感肌??

こんな人はエタノールの悪影響に気をつけて

体質的に合わない人以外に、生活習慣、環境によって悪影響が出ることもあります。

パーマ、カラーリングをする人

エタノールは溶剤として使われるほどなので、当然パーマやカラーリング剤も溶かします。

すると、すぐに効果が薄れて頻繁にやり直します。その結果、パーマ剤やカラーリング剤による悪影響が出やすくなり、さらにはアレルギーを発症する場合も。

妊娠中、出産後の人、40歳以上の人

妊娠中、出産直後の人は、一時的にホルモンのバランスが乱れます。そのため頭皮の環境も悪くなりやすい状態です。

また、40歳を過ぎると、頭皮の皮脂分泌が徐々に少なくなります。バリア機能が低下して、頭皮が乾燥しやすい状態に変化してきます。

エタノールの影響を受けやすい頭皮になっているので、乾燥・敏感肌と同じようにヒリヒリする刺激を感じたり、痒みや炎症がおこるようになります。

フィンジアで悪影響が出ても全額返金保証制度で安心

もし万一、エタノールの影響が出てしまったら、その時はすぐ使用をやめてください。悪化すると困りますからね。

その時でも、フィンジアはムダにはなりません。初回のみ、商品到着後30日以内に不都合があれば代金が返金される制度があるので、それを利用すればいいんです。

定期コースでも大丈夫。継続回数の縛りはなく、初回から解約できます。解約を伝え返金申請をして、フィンジアの容器を返送すれば代金は戻ってきます。

購入者には安全ネット的なありがたい制度なので、エタノールが気になる人でも安心です。この制度についての詳細です。

フィンジアにアルコール(エタノール)を使う理由

エタノールに育毛作用はありません。それなのに、ほとんどの育毛剤がエタノールを使っています。

濃度はまちまちですが、男性用育毛剤で20~70%、女性用でも20~30%がエタノールといわれます。

こんなに大量に使われるのも、ひとえに有用な成分だから。目的は実にたくさんあります。

1.殺菌作用

だれの頭皮にも常在菌がいて、他の雑菌が侵入するのを防いでいます。これが条件によっては繁殖しすぎて炎症を起こし、フケやかゆみの原因になります。

育毛剤に配合されたエタノールが、殺菌作用によって増殖を抑えて頭皮を健全に保ってくれます。

2.育毛剤の劣化を防ぐ

フィンジアには、天然成分がたくさん配合されています。開封すると外から雑菌が入り、配合成分が変質、劣化します。

エタノールを配合することで雑菌の繁殖を防ぎ、育毛剤の品質を長く維持できます。

3.皮脂を溶かして浸透しやすくする

頭皮には分泌された皮脂があり、育毛剤のような異物が頭皮に浸透しないようガードしています。

そんな頭皮に成分を浸透させるため、障害になる皮脂を溶かすエタノールが使われているんです。

4.成分を均等に混ぜ合わせる

エタノールは水にも油にもなじみやすく、フィンジアの成分を水溶性・脂溶性を問わず溶かしこみます。

うまく混ざりにくい成分でも、均質に配合することができます。化粧品や育毛剤には欠かせない成分です。

この性質は、原料から成分を溶かし出す時にも使われます。この場合は溶解力の強い無水エタノールが使われます。

アルコール(エタノール)はデメリットよりメリットが大きい

エタノールは育毛剤などに配合すると、さまざまな働きをします。

商品自体の効果を高めるほか、製造段階でも欠かせないし、品質の維持にも必要。エタノールなしでは育毛剤は作れないと言っても、過言ではないでしょう。

使う人によっては、確かに悪影響の可能性もあります。でも、それを理由にエタノールを排除すると、失うものが多すぎます。

生じるかもしれないデメリットは、注意すれば避けられます。それよりもはるかに大きいメリットを受け取るべきでしょうね。

フィンジアのアルコール濃度(度数)は最高ってホント?

フィンジアはアルコール濃度が高いといわれます。その根拠はパッケージの裏にある成分表示で、一番最初に「エタノール」があるから。

他の育毛剤でこんな事はないから、フィンジアが一番多いということです。でも、これは誤解です。

これはフィンジアが化粧品分類で、その他の育毛剤(チャップアップやブブカなど)は医薬部外品が多いことによります。成分の並びは、化粧品は多い順。医薬部外品は任意。

育毛剤の多くは医薬部外品なので、育毛成分でないエタノールは下のほうに書かれます。量がどんなに多くても、です。ここが誤解の元なんですね。

化粧品と医薬部外品の区別をせず、多い順に並んでいると思う人が多いんです。でも、どの育毛剤にもエタノールは多く、フィンジアが特に多いわけではないでしょう。

育毛剤のアルコール濃度はわからない

医薬部外品や化粧品は、配合成分の量を表示する義務はありません。なので、表示がないのが普通なんです。

頭皮が弱い人は、トラブルを避けるためにアルコール(エタノール)の濃度を知りたいところでしょうね。でも、現状では配合濃度はわからないということです。

濃度がどうしても気になる人は、アルコールフリーと表示されたものを探すしかないでしょう。

ノンアルコール(エタノールフリー)の育毛剤ってある?

成分にアルコールを含まない育毛剤は、女性用のミューノアージュ、男女兼用のM―1ミストがあります。

ブブカも最近までアルコールゼロが売りでしたが、「大幅カット」に変更しました。

天然成分配合の育毛剤では、成分の抽出時に無水エタノールを使います。このエタノールが、わずかに育毛剤に持ち越されるんです。

これは成分として表示しなくてもいい程なんですが、ブブカはこだわって表記を変えたんでしょうね。

表示には関係なく、実際にはエタノールがわずかに含まれます。アレルギーの人は反応するかもしれないので要注意です。

なお、チャップアップはエタノールを含みますが、刺激がないことを第三者機関で試験済です。フィンジアの刺激がダメな敏感肌の人はお試しを。

アルコール(エタノール)はヤバくない

フィンジアに含まれるアルコールは、イメージほど悪いものではないんです。

刺激はともかく、髪や頭皮を傷めるからダメっていうのは、殺菌作用からの連想がふくらんだものでしょうね。

100%無害とは言えませんが、少なくとも頭皮に異常がない人が、普通に使う分には問題は起きないでしょう。

注意するのはアレルギーがある人、敏感肌、乾燥肌の人ぐらい。それに返金保証制度もありますから、気楽に試せばいいんじゃないかな。

アルコール(エタノール)を頭皮に塗るだけで重度の副作用が起きた!なんて聞いたことないので、あまり心配しないで積極的に使ってみては?ですね(^^)

フィンジアの購入はこちら(クリック)

 

特に人気のある9つの育毛剤を徹底比較して、わかりやすくランキングにしました。それぞれのメリット&デメリットも書いていますので、育毛剤選びの参考にしてみてください(^^)/

  【2018年版】9つの育毛剤から厳選!どれが良いかランキングBEST3!check!
  【2018年版】僕がハゲ対策で使っている育毛剤&サプリ&シャンプー!check!

※↑↑↑今バリバリ使っている育毛アイテムも追加しましたー
 
2016年9月のリニューアルでイクオスが超進化しました!育毛剤はチャップアップから変更、育毛サプリはボストンから変更しています。イクオスはチャップアップと同等レベル、サプリはボストンを圧倒的に超えました!ということは、サプリ付きのセットを購入した方がグンと節約になります。前に比べて、月々3,674円の節約に成功!フィンジアは気になる部分だけのケアに使用!
 
育毛通の管理人がリアルに使用中のBEST3
公式サイトに書けない比較 公式サイトに書けない比較 公式サイトに書けない比較
 

このページの先頭へ