髪にいい亜鉛の育毛効果とおすすめの食べ物&サプリメントを紹介!

髪にいい亜鉛の育毛効果とおすすめの食べ物&サプリメントを紹介!

必須ミネラルたっぷりの亜鉛は、育毛サプリでは常連の成分。

じゃあ、亜鉛はどうやって摂取したら効率的?っていうのを解説していきます。

最後に、最新の超おすすめ育毛サプリを比較を含めて紹介していますので、最後まで読んでくださいね!

髪にいいと言われる亜鉛とは?

亜鉛は人の身体には欠かせない必須ミネラル16種類のうちの一つ。人体には鉄に次いで多く存在します。必要性が高く消費される量も多いので、ともすれば不足しがちな栄養素(´-`).。oO

亜鉛は人が生きるために必要な、化学反応を起こす酵素を構成しています。その酵素によって体を作り、機能を維持します。

亜鉛が関係する酵素の働きには次のようなものがあります。

  • 細胞分裂の促進
  • 新陳代謝の促進
  • 皮膚や髪の毛を健康に保つ
  • 性機能の維持
  • 味覚の維持
  • 免疫力を高める

必要な亜鉛は食事から摂りますが、不足すると細胞分裂が盛んな部分に影響が出やすくなります。例えば精子減少、傷の治りの遅れなどです。また過剰摂取でも、鉄や銅の欠乏などの影響が出ます。

亜鉛の育毛効果を徹底的に解説

亜鉛は髪にいいとよく言われますが、それは本当の話。髪にいいどころではなく、なくてはならない大切なミネラルなんです。

髪の毛は亜鉛抜きでは作られない

髪の毛はその99%がケラチンというタンパク質で作られています。このケラチンは、摂取したタンパク質が分解されてできたアミノ酸を、再び合成し直して作られます。

この作用を受け持つのが亜鉛です。髪の毛を成長させようと一生懸命タンパク質を摂っても、亜鉛がないと髪の毛にはなりません。

亜鉛とタンパク質、両方を摂らないと、髪は生えてこないんです。

そして、ケラチンを作るにはまだ欠かせないものがあります。それはビタミンB6。タンパク質だけでなく十分な量の亜鉛とビタミンB6を摂らないと、髪の毛は少ししか作られません。

細胞分裂を盛んにして毛を成長させる

亜鉛は細胞を活性化して細胞分裂を盛んにさせる作用があります。髪の毛の元になる毛母細胞にも働きかけ、細胞分裂を促してしっかりした質のいい髪を作ります。

そのためには、亜鉛のサポート役としてビタミンB2、B6が必要になります。代謝を促す作用で、毛母細胞の細胞分裂をサポート。そしてビタミンCも相乗的にこの作用をサポートします。

また亜鉛は髪の毛の表面で刺激からガードするキューティクルの生成にも関わり、強い髪の毛を作ります。

頭皮のアンチエイジングで抜け毛を防ぐ

頭皮が老化すると、毛根部の細胞の働きが衰えて成長が悪くなります。また頭皮の新陳代謝も低下、硬くなって血行が悪くなり抜け毛が多くなります。

頭皮の老化の大きな原因は活性酸素による酸化です。SODと呼ばれる、活性酸素を消す酵素があります。亜鉛はこの酵素の構成成分で、活性酸素による頭皮の老化を抑えて抜け毛を防ぐ効果が望めます。

頭皮のターンオーバーを促進する

ビタミンAは皮膚のターンオーバー(新陳代謝)の時、古い角質細胞が排出されるのを促す働きがあります。

亜鉛の働きで細胞分裂が盛んになっても、古い角質が残っていたのではターンオーバーはうまく行きません。ビタミンAと一緒になると、角質の新旧交代がスムーズに進みます。

亜鉛はビタミンAと共同して頭皮のターンオーバーを促して老化を防ぎ、頭皮の環境を改善して抜け毛を防いだり毛の成長を促します。

DHTを抑制する

薄毛になる代表的な原因のAGA(男性型脱毛症)は、脱毛物質DHT(デヒドロテストステロン)によって抜け毛が起こります。


【出典元:http://www.do-s.ne.jp/haircare/aga/

DHTを作るのは5αリダクターゼという酵素ですが、この働きを抑える働きが亜鉛にあるといわれます。DHTが作られなければ脱毛も起こらず、薄毛を防ぐ効果が期待できるということですね。

この効果についてはアメリカ国立衛生研究所から論文が紹介されています。

それによると、高濃度の亜鉛は5αリダクターゼを完全に抑えます(`・ω・´)シャキーン

亜鉛単独では効果が見られない低濃度では、ビタミンB6とアゼライン酸を組み合わせると90%抑制できたとされます。

▼詳細はこちらに
【出典元:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/3207614

高濃度では毒性が心配だしアゼライン酸は内服薬ではないので、実用的な臨床試験ではなく実験室での話でしょうね。

亜鉛の育毛以外の効果を解説

亜鉛は体全体に関わっている栄養素なので、働きもいろいろ。それに伴って効果もたくさんあります。主なものをいくつか拾ってみます。

傷をなおす効果

亜鉛は体を作る細胞を活性化、細胞分裂を促して新しい組織にどんどん作り変えています。

この作用で、もし皮膚が傷ついた場合、亜鉛を含む酵素が傷の部分の細胞を活性化します。体の設計図のDNAをコピーし、材料のタンパク質を合成して傷ついた皮膚を元のように作り直します。

もし亜鉛が足りないと、ケガの回復が遅れます。逆の作用の例ですが、試験的に多量の亜鉛を投与した人の手術の傷が、通常の43%の期間で回復したという例があります。

成長に関わる効果

新陳代謝や細胞分裂に関わるので、人が健全に成長するためには不可欠な成分です。特に胎児や成長期の子供は細胞分裂が盛んになっていて、大人の体になるために新陳代謝が激しく行われます。

もしこの時期に亜鉛が不足すると健全な体格が形成されず、内臓機能など心身に問題が出る成長障害の心配も出てきます。

性機能を保つ効果

亜鉛は性機能に大きな影響を与えます。性ホルモンの分泌に関わっているためで、男性では精子の数、精液量、女性では排卵周期などを健全な状態で維持する働きがあります。

亜鉛が不足すると精液の質が落ちたり勃起機能不全など、特に男性に大きく影響が出て、男性不妊症につながったりします。

味覚を保つ効果

味を感じる舌には味蕾(みらい)と呼ばれる感覚器があり、ここで感じ取った味を脳に伝えます。この味蕾細胞には亜鉛が多く存在しています。細胞分裂がたいへん盛んで、常に新しく入れ替わっています。

▼味覚障害の原因は4番目に亜鉛不足が!
【出典元:味覚障害と亜鉛

亜鉛が不足すると細胞分裂が衰えて古い細胞が多くなり、味の感覚が鈍くなる障害が起こります。

亜鉛の摂りすぎは副作用の元?

亜鉛は体にとってなくてはならない大切なミネラルですが、摂りすぎても悪影響があります。過剰摂取による急性亜鉛中毒という副作用です。

過剰摂取による副作用の症状

一時的にサプリなどで大量に摂取した時に出る症状としては次のようなものがあります。

  • めまい・頭痛
  • 全身のだるさ
  • 発熱
  • はきけ・嘔吐
  • 肝障害

また長期的に過剰摂取が続いた時の症状は次のようになります。

  • 脱毛
  • 免疫低下
  • 貧血
  • 下痢
  • 神経障害
  • 皮膚の老化

このような過剰摂取は、普通に食事をしていれば起こりえないこと。多くは意図的にサプリで摂ってしまった結果です。

亜鉛の摂りすぎの原因はサプリ

急性亜鉛中毒になる目安は、1回に2gとされます。食品で最も亜鉛を多く含む牡蠣でさえ、100g中13.2㎎です。意図的にサプリを飲まないと摂れない量ですね。

サプリ以外に考えられる原因は、缶詰の可能性があります。古くなったり開けて時間がたった缶詰は内側の亜鉛メッキが溶け出していて、それで過剰に飲んでしまった例がありました。

育毛効果を期待するあまり大量摂取すると、逆効果で脱毛の可能性もあります。長期的にサプリで亜鉛を摂る場合は、推奨された摂取量を超えないように注意しながら服用しましょう。

亜鉛が摂れる食べ物を調べてみた

サプリに頼らず食べ物で十分摂れればそれに越したことはありません。亜鉛を含む量が多いものを集めました。

ちなみに厚生労働省によると、成人男性(カッコ内は女性)に必要な量は8㎎(6㎎)、推奨量は10㎎(8㎎)、耐容上限量は40~45㎎(35㎎)とされています。

亜鉛が多い食べ物・種類別ベスト5

魚介類
牡蠣 13.2mg
煮干し 7.2mg
するめ 5.4mg
カニ缶 4.7mg
うなぎ 2.7mg
肉・卵
ビーフジャーキー 8.8mg
豚レバー 6.9mg
牛肩肉 5.0mg
牛ひき肉 4.3mg
卵黄 4.2mg
豆・木の実
松の実 6mg
ごま 5.9mg
凍り豆腐(乾燥) 5.2㎎
きな粉 3.5mg
大豆(乾) 3.2mg
乳製品
パルメザンチーズ 7.3mg
脱脂粉乳(粉) 3.9mg
プロセスチーズ 3.2mg
カマンベールチーズ 2.8mg
牛乳(普通) 0.4mg

牡蠣がとびぬけて多いです。5~6個で100gくらいなので、簡単に推奨量になりますね。表にはありませんが貝類、エビ・カニなどの甲殻類、魚卵にも多く含まれます。

豆・木の実や乾物は、含む量は多くても100gも食べるものではなく、亜鉛補給源にはイマイチ。

効率よく摂れるのは肉類、卵、乳製品ですね。含む量が多く、食べられる量も多いので亜鉛の供給源としては好適です。適度に組み合わせながら毎日食べると、効率よく亜鉛が補給できます。

薄毛対策としての亜鉛サプリNo.1は?

亜鉛は基本的には食物から摂るものです。でも普段の生活で食事のたびに亜鉛に気配りするのは大変で、たぶん長続きしません。育毛は長期間続けないと意味がなく、効果も得られずじまいになるかも。

亜鉛を摂るならどのサプリ?

亜鉛の育毛効果を確実に受け取るには、気軽に摂取できるサプリメントが適しています。評判のいい育毛サプリ6種類の中から、亜鉛摂取に適したものを選んでみましょう。

▼成分量がこちら!

  亜鉛 ノコギリヤシ 大豆抽出物
イクオスサプリ 12mg 300mg 100mg
ボストン 4mg 300mg 20mg
gungun なし 非公開 非公開
チャップアップサプリ 非公開 非公開 なし
フェルサ 3mg 100mg なし
ブブカサプリ 12mg 135mg 80mg

1日分で摂れる亜鉛の量で見ると・・・

イクオスサプリとブブカサプリが12㎎で最大。厚生労働省による成人男性の摂取推奨量は10㎎なので、軽くクリアしています。

育毛のために余分に必要なので、多めに摂れるほうが効果も期待できます。上位2種類以外はかなり少ないか、ゼロ。亜鉛を強化する効果が心もとない気もします。

DHT対策は大丈夫?

そして亜鉛の効果は主として毛の成長を促すもの。薄毛対策には抜け毛のケアも必要です。そこでノコギリヤシと大豆抽出物(イソフラボン含有)が有用になります。

この2つの成分の働きは、脱毛ホルモンDHTを作る5αリダクターゼを抑える作用です。

ノコギリヤシは、臨床試験で効果が認められた量は320㎎です。イクオスサプリとボストンが300㎎なので、目安の量はほぼクリア。他は圧倒的に少ない量になっています。

大豆抽出物は、イクオスサプリが100㎎、ブブカは80㎎、他は少量か「なし」、または非公開です。なので、イソフラボンの効果が望めるのはイクオスサプリとブブカだけになります。

亜鉛とDHT対策はイクオスサプリが最強

亜鉛とDHT対策では、イクオスサプリが成分の配合量で最も充実しています。毛の成長と抜け毛を防ぐという、薄毛の改善には欠かせない作用が十分期待できる内容ですね。

イクオスサプリのしっかりした内容と比べると、ほかはバランスが悪かったり全然足りなかったりで力及ばず。成分量非公開はなんとも頼りなく感じられます。

価格等で選ぶならどのサプリ?

サプリ選びのポイントはいろいろあります。亜鉛とDHT対策以外の要素で、成分数、価格、定期コースの解約条件に絞って比べてみましょう。

  成分数 単体価格 定期価格 解約条件
イクオスサプリ 46種類 7,538円 4,730円 初回OK
ボストン 27種類 7,970円 5,212円 3回継続
gungun 25種類 5,980円 3,980円 3回継続
チャップアップサプリ 23種類 5,960円 4,980円 初回OK
フェルサ 23種類 6,696円 5,691円 初回OK
ブブカサプリ 37種類 6,480円 5,180円 初回OK
 

成分数ではイクオスサプリがダントツ

どのサプリも植物抽出物を主体にして、多数の成分を含みます。比べると・・・

イクオスサプリが突出して多い46種類!これだけ多いと、多彩な成分による総合効果がかなり期待できそうです。

ブブカサプリの37種類以外は25種類前後と半分程度になり、その差は決定的な大差がついています。イクオスサプリの業界最多クラスとのウリも、納得です。

最安はgungunだけど配合量は・・・

次に重要ポイントの価格です。メインの育毛剤ではないので、ある程度の安さも求められます。そうでないと続けられませんしね。

定期価格で最安はgungunになりました。このサプリ、成分数は25種類ですがその配合量は非公開です。すると「成分は数だけで、量は少ないのでは?」などと勘ぐりたくなります。

2番目に安いのはイクオスサプリです。評価はgungunと正反対。「この成分数と配合量でこの値段!」と、評価アップの要因になってしまいました。

ボストンとgungunは簡単に解約できない

価格が最安になる定期コース。もし解約したい時には簡単にできる方がありがたいです。体に合わないこともありますからね。

3回の継続が定期の条件になっているのがボストンとgungunの2つ。3回継続購入しないと解約できません。その他は全部初回だけで解約が可能です。これだと気軽に購入が始められ、ありがたい制度です。

効果を含めて検討するとイクオスサプリが最強

成分数、価格、解約条件などの要素を比べてみると、やっぱりイクオスサプリが優位に立っています。

どのポイントを見ても落ちのない作りでした。

サプリメントとして最強と評価してもよさそうですね。

育毛剤も比較してみましょう!

育毛サプリには、育毛剤本体とのペアになっているものがあります。互いの効果を高めあうように作られていて、一緒に使うと効果的です。

本体の育毛剤があるのは、イクオス、チャップアップ、ブブカの3つです。

  成分数 主成分 サプリ付き
イクオス 70種類 アルガス-2 7,538円
チャップアップ 81種類 M-034 9,090円
ブブカ 54種類 M-034 11,664円
 

成分で比べると?

配合成分の数ではチャップアップですね。多くの成分でいろいろなタイプの薄毛に対応する総合力がウリです。

そして主成分を見ると、イクオスはアルガス-2になっています。この成分は他の2つと同じM-034に新成分ペルベチアカナリクラタを独自にブレンドしたもので、いわばM-034の進化型ともいえる成分です。

当然M-034を超える育毛効果が期待できるので、この点でイクオスが1歩リードです。

ただしM-034の配合量ではブブカがトップです。実はこの3つ、元は同じ育毛剤でM-034の量も同じでした。その後ブブカはリニューアル時にM-034を60%増量したので、ここで差がついています。

価格で比べると?

次に価格です。サプリのある育毛剤は、サプリと一緒に使うことを前提に作られています。なので価格も本体+サプリのセットで比べます。

一番安いのは7,538円のイクオスです(^^)

サプリでもこの3つの中では最安だったので、安さを追求する姿勢が現われています。イクオスと比べるとブブカの高いこと。もはや競争の圏外といった感じです。

結局いい育毛剤はイクオスになった

成分数こそチャップアップに一歩譲りましたが、成分が多い分違う効果があるわけでもないですね。成分の総合力では大差はないでしょう。

その成分数とアルガス-2という独自成分への期待度、そして価格の安さという全体的なバランスの良さがイクオスの強みです。育毛剤としての価値はイクオスが一番高いと言っていいでしょう。

まとめ(イチオシの育毛サプリはコレだけ!)

育毛するにあたり、亜鉛の必要性がわかったでしょうか。亜鉛を配合している育毛剤は見たことがないので、食べ物かサプリで摂る以外ありません。

私は食べ物だと、毎日欠かさず摂ることは難しいというか、無理なので育毛サプリを使っています。

その中でも、リニューアルしたイクオスサプリがベスト!

⇒ 私のイクオス徹底解説&体験記事を読む!check!

育毛剤もベリーグッドなので、グンとお得になるセットで購入中( ˘ω˘ ).。oO(

亜鉛を効率的に吸収するのはビタミンCが必要だから、亜鉛サプリ単品より、やっぱり考え抜かれた育毛サプリがおすすめですね。イクオスサプリはビタミン類も豊富です(^^)

新イクオスを購入する(クリック)

 

特に人気のある9つの育毛剤を徹底比較して、わかりやすくランキングにしました。それぞれのメリット&デメリットも書いていますので、育毛剤選びの参考にしてみてください(^^)/

  【2018年版】9つの育毛剤から厳選!どれが良いかランキングBEST3!check!
  【2018年版】僕がハゲ対策で使っている育毛剤&サプリ&シャンプー!check!

※↑↑↑今バリバリ使っている育毛アイテムも追加しましたー
 
2016年9月のリニューアルでイクオスが超進化しました!育毛剤はチャップアップから変更、育毛サプリはボストンから変更しています。イクオスはチャップアップと同等レベル、サプリはボストンを圧倒的に超えました!ということは、サプリ付きのセットを購入した方がグンと節約になります。前に比べて、月々3,674円の節約に成功!フィンジアは気になる部分だけのケアに使用!
 
育毛通の管理人がリアルに使用中のBEST3
公式サイトに書けない比較 公式サイトに書けない比較 公式サイトに書けない比較
 

このページの先頭へ